事務所ご案内

素晴らしいアイデアを思いつき、製品に応用する・・・
魅力的なデザインの製品を作る・・・
消費者にアピールするネーミングを思いつく・・・

 これらの知的創作によって、製品は高い競争力を得ることができます。他社の製品から差別化を図れるためです。しかし、もし第三者である他人がこれらの知的創作を模倣できるとしたらどうなるでしょうか。他人が類似の製品を作ったり、または類似するネーミングで商品の販売をすると、たちまちオリジナルの製品が有していた優位性は消滅してしまうことでしょう。
これでは安心して事業を行うことができません。

 知的創作をするためには、大きなエネルギーが必要です。人材を集めたり、費用や時間を投じて研究したり・・・これらは簡単なことではありません。一方、ご想像のように模倣はとても容易です。
苦労して創作しても簡単に模倣され、これを防ぐ手だてが無いとしたら・・・・知的創作のためのエネルギーが無駄になってしまいます。

 そこで、皆様の知的創作を他人から模倣されないように適切に保護する必要があります。
つまり、発明・考案には特許法・実用新案法によって、デザインの創作には意匠法によって、商品・サービスについてのネーミングには商標法によって、それぞれ保護を受けることができます。

 では、特許登録、実用新案登録、意匠登録、商標登録して権利化しさえすれば、知的創作の保護は十分かと言えば、実はそうではありません。権利化された内容に問題があれば、抜け穴が生じてしまい、結局他人の模倣を十分に防ぐことができなくなります。
つまり、知的創作を単に権利化するだけでは十分でなく、適切な内容を伴わせながら権利化する必要があります。適切な内容によって権利化された知的財産は、他人から模倣されにくく、従って権利侵害されにくいため、高い価値を有することになります。

 適切な内容を伴った権利−すなわち強い権利を有する知的財産を持つことによって有利に事業展開を図ることができます。

 私たち杉谷特許事務所は、皆様の大切な知的創作(発明、デザインの創作、商品/役務のネーミング、等)を特許・実用新案・意匠・商標等として権利化できるように、そして同時に十分な保護を受けられるようにサービスをご提供いたします。



Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project, theme modified from the original licenced by author kitahotaru-san